出会いのタイミングとモチベーション

出会いのタイミングとモチベーション

以前の記事で書きましたが、出会い系の難しさ、面白さは、この「タイミング」や「モチベーション」であると考えています。

個人的な経験を少し書いてみます。

相手を探す場合は、当然お互いに、誰だか判らない中、手探りでやっています。

当然、並行して何人かと「商談」を進めていく事になります。

ある時、私は自分の雰囲気に合いそうな方をみつけたので、会ってみようかなと決心しました。仮にAちゃんと呼びます。

Aちゃんを、スケジュール込みで、デートのお誘いをしてみました。

いい雰囲気だったので、すぐOKもらえるかと思ったら、急にノーレスになってしまいました。

「あれっ?どうして?いい感じだったのに!」

と、くやしく思ったのですが、Aちゃんが他の相手を見つけたのかも知れません。

急に考えが変わったのかも知れません。

こればっかりは、相手の事なので、こちらとしてはどうしようも判断できません。

出会い系では、急にレスがなくなるというのは、良くあることなのです。

残念ですがあきらめて、次の候補女性(Bちゃん)を探し、デートする事にしました。

そして、Bちゃんから、めでたくデートOKの返事をもらった、その日の夜に、

Aちゃんから、

「連絡遅くなって、本当にごめんなさい!○○日大丈夫です!」

というフレンドリーなメールが…。

実は真剣に調整してくれたのかも知れません。

もしくは、Aちゃんは、第1候補との出会いに失敗し、とりあえず、2番手の私に会っておこうかと考え直したのかも知れません。

私は、どちらの女性と会うべきか、本当に悩みました。

そして、どっちにせよ、私は相手への言い訳に、悩むことにもなりました。

私が、どちらの選択をしたのかは、ここでは言いたくありません。

ただ、自分の選択を、呪った結果になりました。(もう一方でも、同じ結果だったかも知れませんが)

別の経験もあります。

せっかくデートの日程を決めたのですが、私の体調不良により、前日にキャンセルをお願いしたのです。

相手の女性におわびもして、了解も頂きました。

その後も、その女性はやり取りをしてくれたので、気分を害したわけではなかったと思います。

私は改めてお誘いを試みたのですが、結局、なんだかんだで、彼女と会う事はできませんでした。

きっと、彼女の中では、私と会うモチベーションが失われていたのでしょう。

彼女には、申し訳ない事をしたなと今でも思います。

おそらく誰でも同じだと思うのですが「決心して、この人と会おう!」というモチベーションは、なかなか継続しないのです。

そして、その気持ちが、一回下がってしまうと、不思議な事ですが、その人との出会いを簡単にあきらめてしまうものなのです。

どうしてそうなるのか、どうして、そういう気分になるのか、私自身も良く判っていません。

一つ言えるのは、

「出会いは本当に、タイミングという要素が大きい」

という事です。

現時点で、あなたが良い人に出会えていないのは、「たまたま」かも知れません。

お互いの「相性」「スケジュール・予定」「様々な個別の事情・条件」が重なった人と会うというのは、以前の記事で説明しました。

そして、お互いに「会いたいというモチベーションのタイミングの波」が、運よく重なった時、初めて「出会う」事ができるのです。

1回、2回、上手に行かないからと言って、ダメだとあきらめるのは早すぎます。

「今回は、たまたまダメだった、次行ってみよう!」

とプラス思考で、楽しんでほしいです。

そして、その重なったその偶然は大切にしてほしいと思います。(チャンスとして大切にという意味で、相手の男性を大切に、とは言っていません。

もう1つ興味深い事。

お互いに、いつか会いましょうと言って、お互いのタイミングが合わず、半年以上経っている女性がいます。

結論から言うと、お互いに会いたいという優先順位が、かなり低いのだと思われます。

こちらが誘うと相手がNG。相手が誘うと自分がNG。

お互いが完全にバックアップの非常用になっている状況です。

でも、不思議と完全に切れているとは思えません。

いつか本当に会えるのでしょうか。

面白い関係もあるものです。

でも、たぶん彼女は、きっと会えない人だと思います。

「会いたい」というモチベーションには、波がある。そして、それは長くは続かない。
シュガーダディ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copyrighted Image