「パパ活」は、法律に触れるのか? (2)

Hありの「パパ活」は、犯罪なの?

それでは、前回の記事で書いた

「やり方を間違えると法律に引っかかる可能性」

という部分はどういう意味でしょうか?

具体的に例を出すと、出会い系の掲示板に

「パパ募集。都度Hで2万円ホテル別でお願いします。」

と書くと、これはアウトです。

何故なら、誰が見るかわからないネット上でHをする事による対価を示して、人を募っているから(つまり不特定多数に対しての対価の掲示)です。

これにより掲示板を管理している業者は検挙される可能性があります。

掲示板に記載した本人も売春の掲示をしているとして、不利益を被る可能性はゼロではありません。

自分の意思で不特定多数に掲示している訳であり、先述の保護対象としての立場とはなりません。

女性だからと言って、売春の勧誘の全てが免罪になるわけではないと思います。

保護される対象は、基本はあくまでも不特定多数に自らの意思に反してという部分があるかだと思われるので、掲示板などへの書き込みには十分に注意してください。

2015年の10月に出会い系大手の「ハッピーメール」の経営者などが、逮捕されたのは、ある意味象徴的な事件です。

これは売春を助長するような書き込み(先ほどの具体例のような掲示板文章)を多数放置して、売春を助長していると警察当局に判断されてしまったからです。

結果的に、彼は不起訴になったようですが、この事件は他の大手サイトも大いに警戒したはずです。

ある意味、「見せしめ」での逮捕という事でしょうか。

実際にPC-MAXでは、私が始めた時は「条件あり」というタブがあり、条件付きで交際を希望している女性を検索できましたが、その条件ありタブがいつの間にか消えてしまっていました。(まだありますか?)

「条件付き」という項目が売春を助長しているという判断を当局からされないようにしたのだと思います。

私個人的には賢明な判断だと思います。

 したがってパパ活をしている女性は、サイトの掲示板などに上記のような売春を想像させる書き込みをしては絶対にいけません。

確かに、女性は逮捕されないですよ。

でも、ダメなものはダメなのです。

サイトの注意書きにも、しっかりとそう書いてあります。

そもそも、「パパ活」って、売春とは違うものですよね?

Hがあろうと、なかろうと、名目が何であろうと、「パパ活」の条件は、男女の個人的な約束事であり、売春防止法とは全く関係がありません。

では、条件を話すのは、サイト内の個人メールであればいいのでしょうか? 

これは微妙な所だと思います。

不特定多数ではなく、1対1でのコミュニケーションなので、問題ないように思えます。

しかしサイト管理者からすると個人間の会話としても、そのような会話を行う事は推奨する事はできませんし、そういう事は外で勝手にやってほしいというのが本音でしょう。

サイトは出会いそのものの機会を提供しているのに過ぎないのですから。

 したがってパパ活を通して、男性と条件交渉などをする場合は、サイトから移動して、捨てメールや、他のSNSなどを使った方が誰にも迷惑はかかりませんので無難と言えます。

まあ、大抵、条件は? とか、すぐに女性から聞いてきますけどね。

ただ、知らない人と、いきなりLINEとかも嫌ですよね。

この件は、また別の回で話したいと思います。

不特定多数が見れる掲示板、プロフィールなどで、売春の想像をさせるような書き込みは、絶対にしてはいけない。
シュガーダディ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copyrighted Image