大人の関係を持つ上でのリスク(2)

大人の関係を持つ上でのリスク

前回の記事の続きです。

ちょっと誤解を招く言い方かも知れませんが、シンプルに考えても良いと思います。

「とりあえず最初から最後までゴムさえすれば、心配しなくても良い。」

という考えを持っていれば良いという事です。

「生でしたい。」

そのようなリクエストをしてくる男性は、言うまでもなく完全にアウトです。

どんなに好条件でも、会ってはいけません。

あなたが被害者になるだけでなく、将来、加害者になる可能性もあります。

ピルを飲んでいるから大丈夫?

性感染症は、妊娠と同じぐらい、下手をすると、それ以上のダメージをあなたが背負う可能性もあります。

ちょっと余談になりますが、最近、梅毒が流行しているという記事とか読んだことありませんか?

若い女性の間でも流行しているそうです。

感染しても、ペニシリンという抗生物質で、簡単に完全に治る病気です。

でも、やっかいな事に梅毒は、感染した経歴は一生残るという事なのです。

梅毒の検査は、主にFTA法とTPHA法という血液検査が用いられるようなのですが、このTPHA法で検査すると、一度感染した人は、完全に治っていても陽性反応が出てしまうそうなのです。

手術や入院の際は、誰でも血液検査します。

健康診断でも、血液検査やりますよね。

検査項目に、梅毒も含まれています。

女性の場合は、妊娠・出産の際などにも、必ず病院で血液検査します。

なので感染履歴が一生残ってしまうのは、微妙ですよね。。。

とっくに治っているのに、看護士に陰で

「あの人、梅ちゃん(梅毒)なんだって。」

って言われるのは嫌ですよね。。。

話を戻すと、男性には「最初から必ずゴムを着けるように」お願いをしてください。

相手も良くわからないし、酔っていて良く覚えてないとか、何か心配になってきたら、保健所などで相談に行きましょう。

民間の病院に行ったり、通販で検査キットなど買うと、当然お金かかっちゃいますが、保健所とかはHIVや梅毒などは無料で検査できます。

相談も無料です。

病気とか、そういう話は、

「怖いから、わざわざ知りたくない。」

という心理もありますが、

「知らなかったから、もっと怖い思いをした。」

という結果になるよりは、全然良いと思います。

更に言うと、

「知っていれば怖くない。」

のです。

パパ活と同じです。

何も知らない人からすると、

「ネットで男性を見つけて、出会うなんて怖すぎ!」

なんて思うはずですが、このブログに書いてあるような自分を守る方法、相手がどんな人なのか知る方法などを、先に知ってリスクを回避しておけば、知らない人に会う事自体は、そんなに怖いものではありません。

むしろ合コン行って、盛り上がっちゃって、その日の内に。。。の方が、よっぽどリスク高い気がしますけどね。

このセーラームーンのリンクのページ見てみましたが、スマホでも検索しやすくて、とても見やすいと思います。

HIVと書いてあるので、ちょっと引くかもしれませんが、性感染症の全般に役に立ちます。

無料で検査できる施設や、クリニック・病院検索などが、簡単にできます。

厚生労働省、なかなか、がんばっています!

自分には関係ないな、と思っていても、チラッとでも見ておいて損はないと思います。

http://www.hivkensa.com/

正しい予防知識が、あなたをリスクから守る。
シュガーダディ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copyrighted Image