パパ活できる対象男性の収入は?

パパ活できる対象男性の収入は?

女性から見ると「都度3万」「都度5万」「月20万」など軽く言いますが、サポートする側からすると決して楽ではありません。

仮に「都度:3万のサポート」とした場合でも、食事、ホテル代など含めると、都度5万以上の出費をする事になります。

 

貯金から取り崩す、アパート経営を副業でしている、株などの資産があるなどの特殊な要因がなければ、年収が最低でも1000万以上はないと男性側も継続できないのではないかと思われます。

これは男性が既存の生活費を見直さずに、余裕資金にてパパを始めるという前提の話です。

パパが貯金を減らさずに、増やしつつという前提です。

1回のお付き合いであれば、ボーナス出たときに、お付き合いしてみるぐらいはできるかも知れません。

もしくは、男性がすっかり女性に熱をいれてしまって、収入の多くを突っ込んでしまったりしたら、上限なくお金を引き出す事は可能だとも思います。

「アホか! できるだけ多く、短期間で、男から搾り取ってやるんだ!」

という考えのあなた!

正しいです!

パパ活をして、できるだけ「金銭的に」豊かになるという意味では、間違っていません。

ただ

「相手も自分も継続的に幸せ。」

「精神的にも豊かになる。」

なのが、本当は一番良いんじゃないかとも、私は思います。

パパになる(中期的なサポートができる)となると、ある程度の収入が必要になります。

自分の実感としては、年収が800万ぐらいから、ようやく自分の好きなものが買えるようになってきて、1000万を超えたら、ちょっと余裕がでてくるようになってきたと思えてきました。

それでも、毎月、定期的に女性に投資しようとは思えませんでした。

税金も増えるし、他にお金を使いたいと思い始めるからです。

実際、収入は1000万円を超えても、日常生活に変化は全くありません。

年収が500万でも、1000万でも、体感的な変化は全然ないです。

「この人は継続して、付き合う価値(中期での支払い能力)があるか」

どうかを、考えておくのも、長続きさせる上では重要なのかも知れません。

男性が、普通に仕事をしているのであれば、その職業から、ある程度の収入の予測はできるので、その判断はある程度つける事は可能です。

実際、どんな職業の人が、パパ候補になりうる収入を得ているのでしょうか。

時間があるときに、順番に書いていきます。

これはパパ活だけでなく、結婚の対象として、相手の収入を判断する参考にもなりますので、興味がある人は暇な時に読んでみてください。

いつか書きます。

中期的な関係を望む場合は、打算的に相手の収入は想像しておくのは悪くない考えである。
シュガーダディ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copyrighted Image