東京と大阪

東京と大阪

私は東京に住んでいますが、関西に仕事で通っていた時があり、その際に大阪でお付き合いをさせて頂いた女性がいました。

関西弁って、性別や性格、住んでいる地域によって、随分違う印象があります。

京阪神、それぞれに、同じ関西でも違いますよね。

それにしても、性格が穏やかな女性の関西弁って、本当にゆるく穏やかに聞こえて、私は大好きなんです。

関西って実利主義というか、損得をすごくはっきりさせますよね。

「そんなんやったら、絶対、損やな~。」

とか、そういう考えを持っている人が多い印象があります。

パパ活女性、やっているのは関西の人が多い気がするのは、私だけでしょうか?

まあ、パパ活って、確かに、ある意味、かなりお得ですからね!

見栄をはったり、あまり飾らないというのも、関西の女性の方が多い気がしています。

「赤坂に●●●っていう、隠れ家的な、お寿司屋さんがあるので行ってみる~?」

というのと、

「ミナミの●●●っていうお好み屋さん、おいしいわ~。」

というの、どっちが個人的に一緒に行きたいかというと、私は後者です。

私がケチなオッサンというのが、理由のひとつなんですが。

もちろん個人の性格とか、育ちとか、考え方とか、環境とか、人格を形成する要素はたくさんあります。

こんな陳腐な例だけで、地域性、県民性を決めつけるつもりはありません。

ただ、お互いに、相手にあまり気を使わないで良い、自分をそんなに飾らなくても良い、ボケたら、ちゃんとツッコんでくれたり、あのやり取りの面白さってのは、関西の良さだと本当に思います。

仕事では、毎日、関西出身の人達と仕事をしていますが、いつか、機会があれば、また関西の女性とお付き合いしてみたいです。

関東に住んでいても、その気になれば、関西出身の女性に、たくさん出会えます。

でも、やっぱり関西という場所で、関西の人っていうのが、自分に取っては刺激的なのです。

シュガーダディ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copyrighted Image