年甲斐もなく

年甲斐もなく

以前、プロフを眺めていた時に、なんか素敵な人だなと思って、メールを送ったことがあります。

偶然にも年齢は、アラフォーの私と同年齢でした。

同い年は、ちょっと珍しいなという好奇心もあったのです。

彼女からの返事は、

「すみません。もう少し若い方を探しておりまして・・・。」

というものでした。

「そうなんですね! 良い人を見つけてくださいね!」

と返事をしたのですが、私の心中おだやかではありませんでした。

20代の女性に言われるなら、当然なんですが、まさか同い年に言われるとは!

「二度と同い年なんかにメールするか!」

と、腹がたちました。

でも、冷静に別の視点で見ると、このシチュエーションは、メチャクチャ、シュールで面白い事に気がついたんです。

年甲斐もなく、出会い系を使って、メールに一喜一憂するジジイとババア。

・・・なんなんですかね?

これは?

もはや、妖怪の戦いみたいなもんですよ。

「子泣きジジイ」「砂かけババア」

の戦いみたいなもんです。

記事に書いたメールのやり取りは、

パパ活をドヤ顔で語る「子泣きジジイ」(私の事)と、若い男性を必死に探す「砂かけババア」との一触即発の激しいメールの攻防だったのです!!!

なんて、恐ろしいのでしょう!

「妖怪大戦争」です。

「砂かけババア」も、きっと需要があるんだろうな~。

少なくとも「子泣きジジイ」よりは、マシなのかも知れんな。

普通の生活をしている人達が、絶対に知ることがない、この妖怪たちの戦い。

今日も日本のどこかで、ひっそり、しかし熱く繰り広げられているのです!

シュガーダディ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copyrighted Image