パパへの禁句

パパへの禁句

男性によっては、女性は若ければ若いほど良いという考えを持っている人もいます。

「女房と畳は新しいほど良い。」

なんて失礼な言葉もあるぐらいです。

反対に、

「女房と銅釜は古い方が良い。」

なんて言葉もありますが、こちらのことわざが、もっと有名になれば良いと思います。

私は、相手が若すぎるのは自分には、どうなのかなと思っているタイプです。

そもそも、どう考えても、釣り合わないのです。

不自然なのです。

仮に女性20歳と、男性40歳だとしたら。。。

ある意味、気持ち悪いじゃないですか。

ほぼ親子!

そう思っているのですが、実際に年齢差よりも、雰囲気が合う、合わないというギャップのほうが、私に取っては更に重要です。

お金の為だけに、一緒に飯を食べる、もしくはHの為だけに、一緒にいる方が、私に取っては、もっと気持ち悪いです。

なので、相手との相性が良ければ、年齢はさほど気にしない(重要ではない)と私は決めています。(でもサイトには、女性の30代は多くないので、結果的に20代になってしまってますが。)

若い女性から見ると、アラフォーのおっさんなんて、想像できないほどの年上であり別世界の人間であるように思っているかもしれません。

ある意味、外国人レベルぐらいの存在なのかも知れません。

20代ちょっとの女の子と話していた時に、

「私の母親って、パパとのさん(私の名前)と、あんまり年齢変わんないですね。」

とか言われた事がありました。

それは事実であり、それでイチイチ傷ついたりはしないんですけど、ハッと現実に戻ると言うか、罪悪感というか自責の念に駆られる事がありました。

「(もし自分に娘がいたら)パパなんて、やっているのだろうか?」

「こんなに年が離れた女性と、私は何をやっているんだろう・・・。」

と、思った時がありました。

若い世代から見ると、オジサン、オバサンの言動は、たまに痛々しかったり、気持ち悪かったりする事でしょう。

でも当の本人であるオジサン、オバサンは、自分の年齢をそんなに気にしていないというか、気付いていないというか、わきまえていないのです。

精神年齢が成長していないというか、価値観・思考が変化してないというか。。。

客観的に、自分の行動を振り返ると、私も未だに学生のような行動・思考をしていて、たまに自分自身にあきれます。

年の離れたパパの行動が目に余るようでしたら、ぜひ言ってあげてください。

禁句に近いので、相手が傷つくかも知れませんが、冷静にさせるには良いと思います。

「私の親(親戚のオジサンでもOK)と同じぐらいの歳なのに、一体なにやってるんですか?」

シュガーダディ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copyrighted Image