パパ活男女の階層構造

パパ活男女の階層構造

このブログを読んで、相場や考え方などに関して、違和感を感じる人もいるかと思います。

相場や価値観などは、本当に、人によって様々で、正しいという答えは存在しないのです。

ところで、私のパパとしての立ち位置は、パパ活市場?において、どれぐらいなのでしょうか?

ちょっと考えてみましたが、私は平均以下だとは思っています。

しかし平均以下という事であるならば、私は多数派なのであろうという自覚はあります。

世の中には、どんなものにも階層構造というのがありますが、パパ活の世界でも存在していると思います。

その階層(ハイアラーキー)とは、イメージだと、下記のような感じです。

下記は、男性の場合です。

 

 

私は一般人であり、超富裕層と呼ばれる人達の足元にもおよびません。

彼らには彼らの世界があるはずであり、一般人は知る由もありません。

私は想像すらつきません。

とりあえず、スーパー・ハイエンドと書きました。

次のエリアは事業成功者(会社でもなんでも)とか、それぞれの世界でちょっとした有名人だったり、ごくごく一部の企業のマネージメントクラスや、ごく一部の外資系の会社にいる人達です。

この人達レベルであれば、あなたの身近にも1-2人はいたかも知れません。

もしくは、聞いた事ぐらいはあるかもしれません。

経済的な余裕度からすると、愛人をガッチリ囲えちゃったりできるレベルです。

その次に、一般人レベル。

私がいる場所です。

社会全体の平均よりは、少し良いぐらいの人達で構成されています。

数で言うと、大多数になります。

一方で、女性側です。

ちょっと差別的かも知れませんし、誤解をまねく書き方をしていると思います。

全体的には、こんな感じではないかなと思います。

一番上の階層は、何かあるのだろうなという推測だけです。

私はまったく想像できません。

何も語れません。

次のクラスのハイエンドも、正直、私は良くわかりません。

交際クラブや銀座などで、女性へのパトロンの話や、枕営業っぽい話なども聞きますが、自分が体験している訳ではないので、よくわからないのです。

40万円で愛人になってますとか、○○の関係者の人に囲われているとか、そういう話です。

誤解をまねく書き方ですが、このレベルはモデル/芸能界予備軍、優れた容姿と書いてあります。

これはモデルとかアイドルを目指している方が、パパ活をやっているという意味では決してありません。

容姿に自信があって(注:本人としては)、

  • モデル、アイドルなどにあこがれている
  • もしくは目指している
  • もしくは現役
  • もしくは経験者という女性

という女性の事を指しています。

更に、そういう人達の中で、パパ活をしている人達を指しています。

もしくは、

  • 才能と容姿に優れた、若さあふれる学生
  • 水商売で人気があるけど、並行してパパ活している

とか、そういう感じの人達を、ハイエンドと書きました。

でも、女性の場合、男性のように、単純に経済的な水準で判断する事は難しいとは思います。

自己評価、現在のモテ度合、などが、混ざっています。

本人の自己評価が大きく左右します。

最後は、一般人。

その辺を歩いている人です。

私と同じレベルです。

この人達は、普通の社会人や学生で構成されています。

容姿や魅力でも、圧倒的に秀でているわけではない普通の人達です。

若さや、外見で秀でていても、それを本人の「プレミア」と自覚しているわけでもない人も、このエリアに入れておきましょうか。

このグループの人達は、そんなにパパ活ですごい高額も期待していないし、パトロンなり、愛人とか囲われたりするのも、望んでいない人達です。

風俗とか、キャバクラなどの夜の商売について、やるほどの興味がない、もしくは全く関心がない、もしくは、むしろやりたくないという人達です。

このグループの人達は、本人の容姿や、希望条件も全くバラバラです。

ただし、一般人ですから、数的構成比だと圧倒的に多くなります。

私は一般人であり、この一番下の、一般人のパパ活女性と交際をしています。

なのでハイエンドのレベルの人(男女ともに)からすると、このブログ記事は

「なに言っちゃってんの? 金ないくせに。」

「ビンボーなケチなオヤジが、パパ活なんて語るんじゃねえよ。」

という違和感につながるだろうなと思っています。

でも、私自身はハイエンドになれませんし、ハイエンドの女性も狙っていません。

身の程をわきまえてっていうのか、長続きするのかなと思っています。

背伸びせず、自分のレベルにあったパパを楽しみたいなと思っています。

シュガーダディ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copyrighted Image