お金に困っている

お金に困っている

みんな、そうです。私も困っています。

どんな形であれ、誰もがお金に困っています。

「もっと欲しい!」

それはそうです。

問題になるのは、お金が必要な時期と額だけです。

様々な事情で、切実な状態になっている方もいると思います。

しかし男性に、それを積極的に知らせる意味はどれだけあるのでしょうか。

男性の立場からすると、あなたの経済状態には、ほとんど興味はありません。

男性にとって興味があるのは、あなた自身についてであって、あなたの財布の中身(経済状態)ではないからです。

「パパ活」している以上、女性は男性の財布の中身が気になるはずですが、男性は全く気にしていません。

「お金にとても困っている。」

という言葉。

同情はされるかも知れませんが、男性に取って魅力がある話ではありません。

「だから、私にどうしろと?」

と思われるだけで、それはあなた自身の魅力・価値を自分で減らしているだけです。

マイナスはあるけど、プラスがないのです。

良く考えた方が良いのは、「お金に困っている。」という事を知られると、その足元みる人々が必ず現れるという事です。

「お金が欲しいから、コイツはいう事を聞くはずだ。」

「だましやすいな。」

「無理言っても、聞いてくれるだろう。」

誰もが追い込まれたり、困っている時に、オイシイ話を聞くと判断力が鈍ります。

人間は正しい判断ができなくなってしまうのです。

初めてデートをした時に、男性に、こんな事言われたらどうしますか?

「貴女の事がとても気に入りました。是非、月極め20万円で契約したい。月末にまとめて支払う事になるけどね。でも貴女の事が、とても気に入ってしまったので、月末までにも何度が会いたいな。もし嫌だったら、他の子を探そうと思うけどね!」

普通に考えると、あり得ない話ですよね。

来月には男性が音信不通になりそうなアヤシイ話です。

「なんで、そんな話にだまされるかな~。」
と、皆さん上記を読んでそう感じるはずです。

でも、その時に、相手の男性にすごい好印象を持っていたら?

お金に本当に困っていたら?

もっともっとお金が欲しいと、その時に真剣に考えていたら?

「良さそうな人が、こんな好条件を出してくれて…。もし断ったら、せっかくの大チャンスを失うかもしれない!」

という迷いと焦りがつのります。

・・・冷静に判断できる人ばかりではないと思います。

「パパ活」自体、中期的な安定収入を求めるには適していると思いますが、短期的に一気に大金を得られるものではありません。

水商売で、3か月集中して働いた方が、大金という面では確実です。

出会い系を使って短期で大金をという事になると、より多くの人と短期間で、多くの関係を持つ必要があります。

つまり割り切り。援助交際、ストレートに言うと個人売春です。

これが良いか悪いかは、私は何とも言えません。

ただ、短期間でお金を稼ぐという視点だけで言うと、出会い系を使うのは、あまりにもリスクが高く、結局の所、効率的ではないかも知れません。

「お金に困っている。」いかなる事情があるにせよ、それを知らない人に教える意味はない。あなたの魅力と価値を減らすだけ。そして、あなたがもっと不幸になる話が舞い込んでくるだけ。
「パパ活」は短期でガッツリ稼ぐという目的には向いていない。むしろ、のんびりと気長にやるもの。
シュガーダディ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copyrighted Image