出会い系での「お断り」の仕方、「切り方」

お断りの仕方は? 切り方は?

これも難しいです。

できれば相手を傷つけたくない、嫌な気分になってほしくない。

特に女性だったら、相手を怒らせたくないなど、考えるのではないでしょうか?

私も、いろいろなお断り(もしくは、お断りされる)を経験してきたのですが、未だに適切な答えがありません。

  • はっきり返事をすると、相手が傷ついてしまう。
  • お断り文章を考えるのは難しいので時間がかかる。(それに時間を使う意味がない)
  • 返事をすると、また相手から返事が戻ってきてしまう可能性がある。

など、やっぱり難しいですよね。

結局、ノーレスがお断りの意思として、最適なのではないかというのが今の所の結論です。

初めて会って、食事をしたけど、お断りをしたい場合、

「今日はごちそうさまでした。ありがとうございました。でもお付き合いはできないなと思いました。なぜなら・・・」

というメールを送るのは、かなり高度な文章力が必要です。

相手の気に入らないと思った核心部分に触れる必要があります。

できるだけ嫌な気分にさせずに、相手にそれを伝えるのは相当に難しい作業です。

それよりも、ノーレスであれば、

「お礼すら言わない失礼なヤツだ。あんなヤツと付き合わなくて良かった。」

と思ってくれるかも知れません。

ノーレスって、考えようによってはメチャクチャ失礼で、ビジネスの世界では完全にアウトです。

私は、出会い系を始めた当初は、

「ノーレスにするって、なんて非常識なんだろう!」

と本気でムカつきました。

でも最近は、出会い系など、元々の関係が非常に薄い場合なら、相手に嫌われる状況に持って行った方が、結局は近道である場合もあるのではないかと考えなおしました。

こちらから、強く断ってしまうと、相手はムキになって更に近づいてくるかも知れません。

でも相手が嫌ってくれさえすれば、今後、近寄ってくる可能性はかなり減らせます。

もう会う事はないんですもんね。

別の記事で書いたかも知れませんが、男性が突然、突拍子もない事を言い出した場合。

「実は300万の借金あって…。」

「実は、俺バイセクシャルなんだ…。」

驚愕の新事実! 

そんなこと言われた日には、ショックで眠れなくなります。

でもそれは、実は、貴女に嫌われたい為のウソだったりして。。。

出会い系では、ノーレスが正しい意思伝達の手段だったりする。
シュガーダディ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copyrighted Image