彼氏の存在(2)

彼氏の存在(2)

ちょっと前の記事

「別れても良い彼氏だから、パパ活も許される。」

みたいな事を書きました。

でも、そうじゃない人もいると思います。

ある女の子と顔合わせで会った時に、彼氏の話になりました。

彼女は彼氏持ちであり、同棲もしていて、将来は結婚しそうと言っていました。

パパ活は、お金の為であり、副業の収入源としては重要そうでした。

「彼女は、頑張り屋さんなんだな~。」

と、最初は、素直にそう思いました。

でも、話を聞いていくと、彼氏はイマイチ甲斐性がなくて、あまりマジメに働かないというのが判ってきました。

いわゆる、ヒモっていう彼氏ですかね。

その話が決定打になったわけではないのですが、彼女の希望する条件を受けて、さらに交際に進みたいと、私は思えなくなってしまいました。

つまり、

「私が頑張って働いたお金」

→ 「彼女がパパ活して稼いだお金」

→ 「あんまり働かない彼氏」

という形で、お金が流れていくのは、あまり良い気分がしなかったのです。

なぜ、

「私が汗水働いたお金が、(間接的ではあるが)彼氏のパチンコ代になってしまうんだ?」

そう感じると、なんか嫌になってしまったのです。

彼女としては、苦労しても一緒にいたいと思える男性を見つけたから、それはそれで幸せなのかも知れません。

好きな相手と長く一緒にいられるのは、人生の中で最も大切な幸せの一つだと思います。

でも、私が彼女の幸せの為に、応援する必要はないと思いました。

そんな彼女の彼氏や、プライベートの事なんか、知るんじゃなかったなと後悔しました。

私にとって、お手当を有効に使ってくれる女性は、他に、たくさんいるはずなのです。

「彼氏の存在」: 知らない方が良い事だってある。
シュガーダディ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copyrighted Image