パパ活というアナログデータ

パパ活というアナログデータ

自分の心の片隅だけに、ひっそりとほんの少し残っている楽しかった思い出。

あの時、楽しかったな・・・。

嫌な目にあった記憶。

そんなつもりじゃなかったのに・・・。

傷ついた記憶。

その楽しかった思い出も、嫌な気分になった記憶というものも、時が経つに連れて、薄く淡くなっていきます。

少しずつ白くなっていきます。

誰とも共有できないもの。

誰ともシェアしたくないもの。

少しずつ消えていく、パパ活というアナログデータ。

私は、パパ活は、それでいいと思っているのです。

パパ活は、日常生活と分離された「一時の夢」で良いのです。

シュガーダディ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copyrighted Image