外見的弱点とコンプレックス

外見的弱点とコンプレックス

プライドの高さの裏返しから来るのかも知れませんが、男性の中には強いコンプレックスを持っている人がいます。

ハゲ、デブ、チビ、短足、口が臭い、ブサイク、ズラ、脂性といった外見的な短所ものから、学歴、マザコン、ロリコン、変な性癖、ナルシストなど精神的なものまで、女性に比べて多種多様です。

何故そうであるかは心理学の本などを読んでいただくとして、パパ活している女性としてわかっておくべき事は、そういうコンプレックスは男性なら誰もが一つ二つは抱えている(たぶん女性も同じ)という事です。

ポイントは、その相手の外見的弱点やコンプレックスを、あなたが許容できるレベルなのかどうかという点です。

自分にとって、何が許せて、何が許せないのか、を冷静に考えてみればよいと思います。

恋愛ではないですし、彼氏と付き合う訳ではないので、これぐらいは仕方ないかなぐらいで割り切った方が、ギャップに苦しまなくて済みます。

「だって、しょうがないじゃない。人間だもの。By みつを」

ぐらいの寛容(かんよう)の精神が、時には必要かもしれません。

サポートを受ける対価=寛容の精神と考えておけば良いです。

「ダメ!イケメンじゃないと、絶対いや!」

「こんな年上あり得ない!無理無理、キモ過ぎ!」

こう思う貴女は、間違いなく正常です。

ただ、「パパ活」には向いていないのかもしれません。

でも、どうしてもこの人は無理と言うのであれば、早めにすっぱり切った方がストレスが溜まらなくて良いです。

サポートをもらう目的なのに、それによりメンタル的にダメージを負うのであれば、元も子もありません。

さっさと次に行った方が、将来の自分の為です。

「パパ活」は、自分の許容範囲を知れる良い機会。
シュガーダディ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copyrighted Image