ホームでイチャイチャ

ホームでイチャイチャ

接待帰りに、夜遅く、電車に乗っていたことの事。

駅に電車が到着し、ドアが開きました。

そこには、若いカップル。

「今日は、ありがとね。気を付けてね。」

「うん。またな。」

でも、女の子は手を握ったまま、離しません。

男の子も、電車に乗るそぶりをしながら、なかなか彼女の手を離しません。

そうこうしている内に、ドアは閉まり、男の子は電車に乗る事ができませんでした。

「あのカップルは、次の電車が来ても、同じ事をするんだろうな。」

と思ったら、なんか、ラブラブで、微笑ましくなりました。

(ちょっと、イラッとも、しましたけどね)

そういうリアルなラブラブな恋愛というのは、ほとんどの人は若い時にしかできない訳で、やれる時にやっといた方がいいな、と当たり前の事ですが、本当にそう思います。

パパ活をやっているサイトに、

「パパは疑似恋愛を求めている!」

なんて書かれていますけど、実際にどうなんですかね?

オジサンは、若い女性とイチャイチャしたいんですかね?

私は相手に、それは求めてないんですよね。

寂しい訳でも、癒しを求めている訳でもないですし。

相手の女性に「(人として)好かれよう」とは努力するんですけど、「(男性として恋愛対象として)好かれよう。」と思った事はないのです。

「パパをやっている私は、本当の所、一体、何がしたいんだろう。女性に何を求めているんだ?」

と、揺れる電車の中で考えてみましたが、酔いが回った自分の頭に浮かんでくるのは、さっきホームにいた、頬を赤くしたまま、彼氏の手を離さないカワイイ女の子の表情だけでした。

ブログでは、偉そうに書いておきながら、結局の所、自分自身の事はよくわからないままです。。。

シュガーダディ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copyrighted Image