Sugardaddyの男性ダイヤモンド会員は少ない?(2)

Sugardaddyのダイヤモンド会員は少ない?

前回の記事の続きです。

Sugardaddyを始めて、間もない頃は、女性側からの積極的なアプローチは、新鮮でとてもうれしかったのですが、日が経つに連れ、毎回、毎回めんどくさくなってきてしまいました。

自分からメッセージを送れば、それなりに女性から返事は戻ってきます。

そして、自分が関心を持った女性に、ある程度会えるのは、サイトをしばらくやってみて理解できました。

そうなると、自分の情報を、常時、積極的に公開しておく必要性があまりないなと気付いたのです。

誰がサイトを見ているかわかりませんし、自分の情報を見せないなら見せないで越したことがありません。

私が相手のプロフを確認できさえすればよいのです。

・・・という理由で、私はプロフを公開するのを止めてしまいました。

私が多数派の意見ではないかもしれません。

でも、同じ考えを持った男性も、たぶんいるはずです。

そう考えると、ダイヤモンド会員は、実際にサイト上で見えている男性よりは、実数としては多いのかもしれません。

例えばサイト上で、50人見えているなら、実数は70人とか?100人とか?(根拠なし)

プロフを非公開にしている男性を、女性側から見つける方法はありません。

相手に見つけてもらうしかありません。

以前から書いている通り、パパ活では、単なる出会いを求めている、ヤリ目の男性相手に、あなたのプロフが目立っても仕方ありません。

重要なのは、いかにターゲットとしているパパ候補に、自分を見つけてもらうかです。

プロフが重要だと、1億回ぐらい、このブログで書いているのは、そういう理由です。

ただし、ダイヤモンド会員だから無条件で良いとは当然言えません。

女性向けのパスワード記事の中では、詳しく書いていますが、サイトに書いてあるプロフ情報を、簡単に鵜呑みにしてはいけないと思います。

ロクでもない男性は、年収・資産に関わらず一定数は、必ず存在するはずです。

男性がダイヤモンド会員であっても、まずは、相手を少し疑って進めた方が良いんでしょうね。

つまり、はっきり簡単に言うと、

「余裕がある男性なのに、こんなサイトで女性を探しているのは何故なのか?」

ひょっとして、この男性は、余裕があっても、日常生活では誰からも相手にされないような、人間的によほど問題がある男性なのではないか?

ぐらい考えておいた方が安全かも知れないという事です。

また、男性をメチャクチャにディスった記事になってしまいましたが、女の子から、過去に出会った男性の話を聞くと、確かに「う~ん。それはないでしょ。」と言いたくなる男性も多いみたいなんですよね。

これからパパ活を始める女性は、そういう男性に引っかからないように、気を付けてほしいと思います。

逆に言うと、常識を持っている普通の男性であれば、ライバルも少なく、SugarDaddyで、良い思いをできる可能性が高いってことじゃないですかね?

普段、出会えないような素敵な女性と、素敵な時間を過ごせるって、男性であれば誰もが望む事なんじゃないですかね?

このブログを熱心に読んでいる普通のオジサン!

あなたにも大きなチャンスがあるかもしれませんよ!!

シュガーダディ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copyrighted Image