出会い系サイト:ワクワクメールでパパ活女性に出会ってみた。

出会い系サイト:ワクワクメールでパパ活女性に出会ってみた。

この記事も、1年以上前の過去に書いたもので、今はだいぶ変わっているのかも知れません。

若干の加筆修正を行っていますが、最近の様子と異なっているのであれば、ご容赦ください。

男性視点ですが、女性も是非、ご参考になさってください。

出会い系サイト:ワクワクメールでパパ活女性に出会えるのか?

結論「出会える。」

私が少しやってみた感想としては、女性が二極化していると思いました。

ハッピーメールと同じように、「援交狙いの子」が多いのと、興味深い事に「ご飯パパ狙い」が多くいるなという印象を持ちました。

元々、ワクワクもハッピーメールと同様に携帯電話時代からの出会い系大手です。

実際に、私がやってみたところ、出会い目的の人や、割り切りの援助交際の女性も、それなりに多くいるなと感じました。

ワクワクは、サクラなしって宣言してますが、業者っぽい人は確実にいるなとは思いました。

私は相手のメール・プロフなどに違和感を感じたら、すぐに無視リストなどに入れてしまいます。

そうやって貯まった無視リストを見てみると、リストに入れたほぼ全員が短期間で退会しています。

とても不自然です。

サクラはいないのかも知れませんが、業者はいるってことですね。

あと逆説的なのですが、「サクラなし宣言!」って、わざわざ言うって事は、他のサイトにはサクラはいるって事を認めているって事ですよね? もしくは、過去のワクワクも使っていたと認めているのか?

なんとも、興味深い宣伝です。

話は少しずれますが、

ハッピーメールも、ワクワクでも、どんな出会い系サイトでも同じですが、完全に業者さんを駆逐するのは難しいとは思います。

認証を難しくすれば、その分、入会者は減るわけで。

膨大な数の入会者、退会者を管理するのも難しいわけで。

アクティブに、プロフや写真などを更新してくれる業者さんによって、それなりにサイトは活気があるように見えるわけで。。。

出会い系サイトの業者さんの存在については、過去に記事にしたことがあるので、ご興味がある方はどうぞ

ちなみに、ハッピーメール同様に、業者さん対策として、

「足跡がついたら、すぐにお断りリストに入れる。」

というは、ワクワクでも有効だった記憶があります。

ワクワクも、男性からのアプローチがかなり多いのかも知れません。(実際に出会ったパパ活女性に聞くところによると)

ただし、パパ候補の男性からのメールではなく、ひたすら「ホ別2」というメールが来ると言っていましたね。

私は、ワクワクでパパ活やっている女の子に、何人かメールしてみましたが、高飛車な感じ(高条件)を出してくるなという印象を何人からは受けました。

おそらく女性が少なく、男性が多いので、高額設定をしている女性が多いのかも知れません。(注:過去の話。現在はしりません)

ただし高額設定の彼女たちが、上手にいっているのかは判りません。

結局、私が出会ったのは21歳の大学生さんと、確か24歳ぐらいのレストランで働いている女性の2名でした。

21歳の大学生の彼女は、初めて会った時に、彼女は相当緊張していて、声が震えていたのを思い出しました。

その大学生さんからは、条件も合致したうえでお会いしていて、一度食事に行った後に、次回のお誘いも、ラインで頂きました。

しかし、なんとなく私はスルーしてしまいました。

可愛かったな~。今思うと、もったいないことをしました!

今頃、彼女は何をしているんだろう?

元気で勉強を頑張っていることを望みます。

ワクワクの特筆すべきは、ご飯パパ希望の女性が急増していた(1年ぐらい前?)という事でしょうか。

どうやらワクワクメールは、サイト健全化に向けて努力をしているようで、清い交際(?)望む女性の獲得に努力しているようです。

そこで目を付けたのが、ご飯パパの存在なのかもしれません。

出会い系サイトにとって、女性登録者の獲得は、最重要課題です。

金を落とすのは男性会員ですが、女性がいなければ男性が寄ってこないので、当然です。

でもなかなか、出会い系サイトに登録する若い女性は、最近多くはないのではないでしょうか。

マクロ的に行ったら、少子化が進み、若い女性の絶対数は減る一方であり、最近のネット環境も一世代前と比べて、大きく変化してきています。

過去は、ネットで出会いを探そうと思ったら、若干やましい(?)出会い系サイトしかありませんでしたが、最近は出会いアプリなんて、山ほどありますし、Twitterなんかでもいくらでもネットで出会える機会はあるのです。

そこで、

「食事だけで、お小遣いもらえる。」

というオイシイ話をぶら下げれば、入ってくる若い女性も増えるとワクワクは考えたのかもしれません。(完全な想像です。ワクワク運営の方、申し訳ありません。)

アフィリエイトでの紹介の報酬金額も上げて、ご飯パパ希望の女性を積極的に取り込もうとしている意図を感じました。

アフィリエイターの皆さんも、ワクワクの宣伝を必死に頑張っているようです。

ホントかウソかは、もう関係ありません。

「ワクワクメールで、月10万円くれる、ご飯パパに出会いました!」

実際は、ほぼ出会えないと思いますけど。。。

だってワクワクの男性側の登録者は、元々、出会い目的、援交目的などが多数であって、ご飯パパ候補の男性自体が増えている訳じゃなさそうですから。

そもそも、ご飯パパの男性って、絶対数として、すごく少ないはずです。

「ご飯パパ希望の女性の急増」 VS 「男性の質と目的は変わっていない」

この需給バランスが崩れると、どうなるのでしょうか?

パパ活女性の感想は、

「体目的の男性ばっかり!」

男性の感想は、

「ただ飯食って、金まで取ろうとする浅ましい女ばっかり!」

という形になるのではないでしょうか。

この需給ギャップは、永遠に埋まりそうもありません。

利用者の女性のストレスや、男性のフラストレーションが増大していく中で、反対に涼しい顔して、儲かるのはワクワク(運営業者)、もしくはアリフィエイター(宣伝している人)という図式になります。

「私の夢を応援してくれる・・・・。」

ワクワクメールでのプロフには、テンプレートのようなコメントが多く並びます。

こんなプロフばっかりで、ホントに、ワクワクしちゃいますね!

 

ただしハッピーメールと同じく、男性からのメールは、すごく多いらしいので、ゴミメールを効率よく処理できる女性なら、確率的にはPC-MAXとかよりも狙い目だったりして。

ワクワクメールも、アフィリエイト(紹介による宣伝)をしてませんので、ご興味があれば、適当に検索して、入会してみてください!

ブログを書いているうちに、ワクワクもハッピーメールも、ちょっとまた、やってみようかなって、気になってきました!

なんか変わったのかな?

シュガーダディ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copyrighted Image