パパ活をやっている女性の動機・きっかけ

パパ活をやっている女性の動機・きっかけ

パパ活は、いろいろな職業、いろいろな立場の方と会えるというのが、私にとっては、大きなメリットです。

普段の生活の中では、全く別の社会で生活している人とお会いする機会なんて、ほぼないのですから。

私が実際に出会った人の職業を、一部ですが、紹介します。

先に自分と相手の名誉の為に書いておきますが、「割り切りの援助交際」を求めていた女性ではありません。

OLさん

ショップ店員さん、

有名私立大学生さん、

デザイナー(?)さん、

食べ物屋さん、

大企業の会社員さん、

主婦さん、

看護士さん、

などなどです。

私とは全く異なる社会で生活している方々なので、話を聞くのは楽しく、とても勉強にもなります。

例えば、大学生とは、学んでいる文学の話になって、私も大昔の知識をなんとか頭から引っ張り出しながら、お酒飲んだりしたのも良い思い出です。

初対面だとあんまり深くは聞けませんが、会社の裏話とか、客への文句聞いたりとか、そういう話も、とても面白いです。

話がそれましたが、私が言いたいのは、私が出会ってきた女性たちは、本当に普通の一般女性であるという事です。

もちろん、出会う前にメール交換などで、

「アヤシイ人」や「割り切り」

「風俗関係だと思われる人」

は、フィルターしているので、結果的にそうなる部分もあります。


私も出会い系に登録する前は、偏見の塊でした。

失礼ながら、出会い系は、

  • 常識が通用しない
  • お金が全て
  • 援助交際
  • もしくは風俗業者

が、ほとんどなんだろうなと考えていました。

正直に書くと、恥ずかしいですが、

私も出会い系とはそういうものなのかな、

でも1回は人生経験としてやってみようかな、

という下心を持ってはじめたのです。

でも、そういう人たちばかりではないと、気付くのにさほど時間はかかりませんでした。

パパ活をやっているのは、本当に普通の一般の女性も多いのだ

ここで言う一般の女性とは、風俗経験も全くなく、キャバクラなどの夜の世界で働いた事もなさそうな人達です。

(真実かは判りませんが、会話する中で、なんとなく夜の世界などの経験がありそうかどうかを想像しているだけです。)

彼女たちは、毎日、普通の生活をしているだけで、特別な考え・理由を持って、パパ活をやっているわけでもありません。

そんなにお金こだわっている訳ではない。ただ、今よりほんのちょっとだけ余裕があれば。」

普段と少し違う世界を少し知ってみたい。」

「私の友達がやってみたって聞いたから。」

彼女たちの動機は、これぐらいです。

若い人の収入は高くなく、ちょっとしたお金を使うのも勇気がいります。

自分も20代の時は本当にお金なかったですから、よくわかります。

本当は、もう少し、おしゃれもしたい。普段できない経験もしてみたい。若くて何にでも挑戦できるのは、今しかないのに・・・・。」

でも現実は、家と仕事先を往復しているだけの毎日なんです。」

夜に働いた経験もない、普通の女性も多い。これを読んでるあなたと同じ。
彼女たちは、日常に少しのプラスがほしいだけ。
シュガーダディ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copyrighted Image