部屋選び

 部屋選び

「出会いはタイミングである。」

というのを、ブログ記事でずっと書いてきています。

これは、男性にも女性にも共通して言えることで、ある意味、出会いの為の超重要なヒント・アドバイスであります。

これは体感しないとわからない事なのですが、読者の皆様に出血大サービスで教えちゃいます!

パパ活女性が、パパを選ぶのは、賃貸マンションの「部屋選び」と同じ。

これ。

超重要というか、この要素が非常に高い。

感覚的に気付いている人からすると、

「え~。なんで、それ書いちゃうかな~。」

って感じぐらいのヒントになってしまうと思います。

「部屋を探す」時に、誰もが、自分なりの理想のライフスタイルを想像して、いろいろ考えたりします。

もちろん、誰もが、好条件の物件に住みたいはずです。

駅チカ、日当たり良好、静か、買い物便利、広くて間取りが良い、セキュリティしっかり、収納多い、お風呂がキレイ、などなど。

でも、自分の条件と完全に一致する物件が見つかるのは、普通は難しく、何かを妥協する必要が出てきます。

「まあ、駅から遠いけど。」

「ちょっと予算オーバーだけど。」

などなど。

最初の条件通りに行くことは、ほぼないです。

もしくは、仮に最初から条件にあう物件と出会ったとしても、

「もっと良い条件があるんじゃないかな~。」

と今度は欲が出てきて、いきなり一発で決めてしまう人は、ほぼいないんじゃないですかね。

これと、パパ活で男性を選ぶのとは、かなり似ているのではと私は思います。

それなりの希望を持って、サイトに登録して、パパ活女性は、男性とのやり取りを始めるのですが、やり取りをしているうちに、現実を知る事になります。

「あれっ? 自分の希望と全然違う・・・。」

そうやって、現実との葛藤を繰り返しながら、妥協しつつ、男性を見つけていくわけなのです。

女性によっては、悪い条件の物件(男性)しか見つからず、夢が壊れて、がっかりしてサイトを離れる人もいるでしょう。

もしくは、最初は、悪い条件の物件(男性)ばかりを見ていたので、大したことない男性を見て、これで良い(マシ)と決めてしまったり。

パパ活を始めて、最初の段階で、良い条件を見てしまった女性も、あとあと難しくなったりするのではないでしょうか。

「最初に出会った男性、まだわからなかったから、断ってしまったけど、今思うと、彼は、かなり良かった。。。」

「2番目に会った男性に決めとけば良かった。。。」

など、後悔する事になったりします。

でも、こればっかりは、どうしようもありません。

始めて間もない時は、比較対象が少なく(経験が少なく)、この物件(男性)が良いのかが判断できないからです。

出会いすぎても、結局、妥協する事はできにくくなるので、結局決められなかったりします。

「これだけ見てきたんだから、それなりに良い物件(男性)を見つけないと!」

という事になり、結果的に、どんどん自分でハードルを上げてしまったりします。

物件であれば、

「やっぱり、最初にみた部屋がいいな!まだ空いてるかな?」

と、不動屋さんに電話をして、後戻りをすることはできますが、パパ探しは、それは難しいです。

男女ともに、人間なんで、お互いに感情やプライドがありますから、

「何を今さら・・・」

なんて事になって、よほど運が良くない限り、元に戻る事は難しいです。

そう考えると、パパ活女性に取ってのリスクヘッジは、やはり最終的に決めるまでは、持ち駒(パパ候補)を切らさないでおくという事なのでしょう。

過去に、そのような記事を書いた事があります。

毎回、男性を敵に回すような事を書いていて、もし私が下記のような事をされたら嫌です。

ただし、このブログの趣旨である「パパ活女性を応援するブログ」という事に則って考えるならば、こう書かざるを得ないです。

  1. 自分にとって(金銭の条件以外で)どんな条件であれば、納得・妥協できるのか? (これは男性と会ってから、決めて行っても良い。)
  2. やたらと会うのは推奨しない。しかしメッセージでのやり取りであれば、ノーリスク。むしろ、男性から多くの情報を取れるチャンス。
  3. 短い期間で、一気に多くの男性と会わない。(冷静に比較できない)
  4. 「コイツは絶対にナイ!」という男性以外は、可能であれば、ゆるくつないでおく。
  5. 2回目に会うと、人は印象・態度が変わる事もある。

部屋選びは、不動産屋さん(たまに悪徳もいますが)が、一緒についてきてくれて、いろいろアドバイスをくれますが、パパ選びは自分で決めなくてはいけません。

いろいろ比較してみて、自分に合う人を決めれば良いのです。

パパ活と言えども、女性は最終的に選ぶ立場ですからね。

そう考えると、男性は、どうやって、女性にアプローチをすれば良いかは、書かなくともわかりますね!

男性には、これ以上、ヒントは出しませんよ!

シュガーダディ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copyrighted Image