さびしがり

さびしがり

出会い系をやってみた人が、かなりの確率で感じる感情が、「さびしい」という感覚です。

これは非常に、興味深い心理現象だと思います。

普段の日常生活が寂しい、退屈だから、出会い系をやってみようと思ったはずなのですが、出会い系をやってみると、逆に寂しさを感じてしまったりします。

日常のさびしさとは別のさびしさを、もっと感じるようになってしまう事があるのです。

「メールが全く来ないから、さびしい。」

「メール交換を続けてきた人から急に返信がなくなって、さびしい。」

「パパ(女の子)と会った後が、さびしい。」

「パパ(女の子)と別れたから、さびしい。」

などなど、寂しさを感じる機会は山ほど出てきます。

その分の楽しさ、興奮、トキメキなどを得る事ができるのですが、そのプラスの部分が大きければ大きいほど、それを失った時(失うかもしれないという不安)のマイナスは大きいのです。

そして、自分が相手に好意を持っているならば、相手から好かれているのか(切られないか)の不安は、心の隅の中に必ず誰もが持っているはずなのです。

 

経験ありませんか?

「返事が来ないな。。。さびしい(残念だ)な。他の人にメッセージ送ってみよう。」

と感じる時。

「楽しかったな!でも、次は3週間後か。。。なんか、さびしいな。」

と感じる時。

「あれだけ、以前は仲良くしてくれたのに。。。どうしたんだろう?」

と感じる時。

 

私は比較的に、それほどさびしさを感じないタイプの人間だと思っています。

でも、これほど長期間ブログを続けているという事は、私こそが、極度の寂しがり屋なんだと思います。

「出会いがある以上、それ以上のさびしさも感じる事になるのは覚悟すること。」
シュガーダディ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copyrighted Image