知事の責任

知事の責任

世間を騒がしてしまった、某知事の行動。

「週刊文春」(4月26日号)は、某知事が出会い系サイトで複数の成人女性に金銭を渡し、肉体関係を結んでいたと報じています。

別記事をまとめると、このように記載されています。

「週刊文春」の取材に対し、女性の1人・A子さん(22)は、某氏から1回あたり3万円を受け取っていたことを証言。月に一度ほど会う関係だったことを明かした。女性は名門私立大学の学生だった。

「彼とは出会い系サイト『ハッピーメール』を通じて知り合いました。もちろん、最初からお互い援助交際が目的。彼はお金を持っていそうな雰囲気だったし、『こういうこと(援助交際)に慣れているんだろうな』と感じました」(A子さん)

ハッピーメールで、月1回、都度3・・・・。

まあ、どっかで聞いたような相場観です・・。

ハッピーメールは、「知事御用達の出会い系サイト」として、注目されているようです。

過去にハッピーメールは、援助交際の女性が多いという記事を書きましたが、まさに知事が体を張って証明してくれました。

彼は、独身ですし、出会い系サイトで遊ぶのは、何も問題ないはずなのですが、出会い系サイトを使って、大人の関係ありのパパ活をやる(バレる)と、知事を辞職しなければならないようです。

さすがに、知事だと倫理的に問題があるのでしょうね。

私は、将来、知事に立候補するのは、絶対しない事にしました!

倫理的な問題はさておき、援助交際、もしくは大人の関係があるパパ活に、法的な問題があるのかについて、わかりやすくまとめてあった記事があったので、リンクしておきます。

yahoo記事なので、すでにご覧になった人も多いと思います。

「女子大生との「援助交際」、法的な問題は?」

(リンク記事削除の為、リンク切れ)

似たような内容の記事を、大昔に書いた事があります。

お時間があれば、ご覧ください。(そんなに上記の記事と言っている事、違っていないでしょ?)

パパ活は法律に触れるのか?(1)

パパ活は法律に触れるのか?(2)

ところで、なぜ

「大人の関係があると、法律違反!」

「大人の関係を持つのは犯罪行為!」

と書いてある、ご飯パパ推奨ブログがあるか、わかりますか?

そうやって書いた方が、女性の中には、大人の関係になる事を踏みとどまる人もいるからです。

それは、それで大いに評価できます。

そこで踏みとどらせる女性を増やすというのは、精神的に傷つく女性を増加させないという意味では、正しいと思います。

でも、本当の狙いは、

「ご飯パパの方がオイシイ!」

って、飛びつく女性が多くいるからです。

そりゃ、「ご飯食べるだけで3万もらえる。」って書いてあって、「大人の関係は法律違反」って、書いてあったら、それを真に受ける人もいるんでしょう。

それこそが「本当のパパ活である。」と。

そうやって、オイシイ話だけを信じて、飛び込んだパパ活のサイト。

でも、現実の厳しさ(体の関係を望むアプローチがほとんど)を知り、ご飯パパ活女性は、大いにショックを受け、傷つき、すぐに退会していきます。

これ、誰得なんですかね?

結果的に、夢のような話だけを並べ、リスクを伝えず、誤解を生み出し、多くの女性を失望させ、傷つけています。一人で儲かり、ウマい飯を食っているのは、その紹介サイトの運営者だけです。

何度も書いていますが、私はご飯パパ希望の女性や、その紹介サイトを批判するつもりはありません。

ご飯パパをする場合は、そのリスクを理解しようとする事。

紹介サイトは、そのリスクを正しく伝えるようにする事。

両方が、ちょっとは考えた方が良いんじゃないですかね。

「知らない人に会う事が、そもそものリスク」なのですから。

「ハッピーメール愛好者」の知事の話から、違う話になってしまいましたが、私はパパ活をしている誰もがハッピーな結果になってほしいと思っています。

それにしても、この知事さんは、出会い系サイトを使って、援助交際(パパ活?)をやっていただけで、大切な自分の人生を壊してしまいました。

選挙で選ばれて知事になったのですから、投票してくれた方の期待も壊してしまいました。

出会った時のリスクというのもありますが、出会った後のリスクというのも存在するんですね。

いつか記事を書いてみたいと思います。

シュガーダディ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copyrighted Image