ブログ2周年(1)

ブログ周年(1)

ブログを始めてから、2年ぐらいが経ちました。

早いものです。

パパ活(パパ)をやりながら、思った事を書いていたら、もう2年が経ってしまいました。

ブログの読者さんも、たまにメッセージをくれたりしているので、ありがたいなといつも思っています。

金儲けをするつもりで、ブログをやっている訳ではないですが、毎月お茶代ぐらいは広告費が入ってくるのでブログの維持費ぐらいにはなります。

なので、取り立ててサイトを消す理由も、止める理由も今の所はありません。

読者さんは、平均するとブログ開始からずっと増え続けています。

この1年では、テレビや雑誌、ネット記事の取材依頼も頂いたりして、ありがたいです(ほぼ断っています)。

広告宣伝の業者さんからの依頼も比例して増えています。

取材や宣伝の依頼を頂けるだけでも、ありがたい話だなと、届くご依頼・ご案内メールはスルーをしつつも、内心とても感謝しています。

詳しいブログ閲覧者数などを出すのは、もっと広告業者さんの依頼が増えてしまいそうなので避けますが、ブログ読者の方に「へえ~」って思ってもらえる部分だけ、

「パパ活経済学:2周年記念企画」

として、このブログの読者層について、データを抜粋して、ご紹介したいと思います。

下記は、Google Analytics からの抜粋データです。

最近の1ヶ月分(30日間のデータ)と、なります。

 

「パパ活経済学」の読者の男女比率は?

現状、こんな感じです。

最近、男性の読者比率が、どんどん増えてきています。

開始直後は男性の比率は20%もありませんでした。

しかし、このブログは元々「パパ活女性を応援するブログ」であり、

個人的には、この男女比率は大変、不本意です。

もっと女性読者を増やしたいのですが、私本人が正真正銘のオジサンであり、いかんせん女性読者が増えそうな記事が書けていないのです。

「肌がキレイになる特別なヨーグルト!」

とか、

「パパ受けするネイルのコツ!」

とか、

「目指せ!清楚系ビッチ!パパに激モテ最強コーデ!」

とか書いたら、女性読者が増えますかね?

そんなの書けないけど。

そうかといって、私はクズ代表のオジサンなので、男性読者の下心もよーく、よーくわかります。

私は、女心は全くわかりませんが、男性の下心の理解度は偏差値75以上です。

下心に関しては、この道、数十年のベテランです。

男性の読者数が減ってもらいたいなんて、全く思っていませんし、パパをやっている男性にも(たまには)役に立つブログ記事を書ければなと考えています。

男性読者は減らさず、女性読者がもっと増えたら良いなと思っています。

 

「パパ活経済学」の読者年齢層は?

現状こんな感じです。

この比率を見ると興味深いです。

女性層は比較的、若い年代であり、男性層は比較的、中年層です。

このグラフから、パパ活に興味がありそうな適切な年齢の方が、男女ともにブログに来て頂いているという事が言えます。

そして、ブログの読者数は増加傾向である。

つまり、これはパパ活に興味がある年齢層、性別の方々に対して、妥当な(意味のある、役に立つ)記事が書かれているという意味にもなります。

男性の増加率が高いのが、気になっていますが、この結果は、素直に嬉しいです。

ちなみに、男性は年金間近で時間とお金に余裕があるのか、資産家の道楽なのかは、わかりませんが比較的、高世代の男性の方もご覧頂いております。(1.97%)

ありがとうございます!

私も高齢になっても、それがパパ活かどうかは別としても、新しい事にチャレンジするモチベーションは忘れずにいたいと思います。

ただし、私がリピートを望んでいない唯一の読者層があります。

それは、7位の18-24歳の男性(3.33%)です。

オジサンは、若さやエネルギーで、この層の人達に勝てるわけなく、金とかステータスとか経験でしか勝負できないのです。

どうか、ご勘弁ください。。。

どっちみち、若者はお金がないんだから、パパ活女性に興味持つよりも、合コンなり、ナンパなり、普通の恋愛なりに、若さとエネルギーを使って取り組んだ方が良い結果が出るはずなんです。

 

「パパ活経済学」の読者地域は?

こんな感じです。

過去に「地方におけるパパ活考察」なるものも書きましたが、これほどの偏差がある事は地方のパパ活志望者にとっては、衝撃的かもしれません。

過去の考察記事は、地方のパパ活志望者を励ましたかったという趣旨もあったので、敢えてこのデータを公開しませんでした。

このブログは、スマホなどのモバイル環境で読んでいる方がほとんど(約80%)で、必ずしも上記が正しいデータを拾えているわけではではないと思います。

ただ、やはり人口比で都市圏が圧倒的なのです。

これは人口比率からして、こうなるのは自然な事です。

関西が大きいように見えますが、何故か図的に大きく見えるだけで、実際の統計数字だと、関東圏が非常に多いです。

関東圏を拡大したイメージ図です。

パパ活に興味があるのか、たまたまブログ開いてしまったのか、暇つぶしで呼んでくれているのかは、わからないのですが、全国いろんな地域の方がブログをご覧いただけるのは、とてもうれしいなと思っています。

鳥取県と高知県は、最近の1ヶ月では誰も読んでくれていませんでした。

残念です。。。

「鳥取砂丘に水を撒くほど意味のない、パパからのゴミLINE特集」

「カツオもいいけど、太パパも一本釣り!in 高知」

とか書いたら、鳥取の人や、高知の人も、誰か読んでくれますかね?

 

 簡単に、このブログの読者層を紹介しましたが、ご興味頂けましたでしょうか?

当たり前ですが、上記以上の詳細なデータはGoogleから取得できませんし、私は興味もありませんので、どうかご安心ください。

自分のうさ晴らしの自己満のキモイブログですが、書く以上は、誰かにとって役に立つ情報であってほしいと思って始めました。

パパ活は、いくら市民権を少し得たとは言え、大人の関係ある無し関わらず、大っぴらに言えるものではありません。

パパ活はアンダーグラウンドの大人の世界であるべきです。

なので広告宣伝費を稼ぐため(閲覧数を増やす為)に、一般受けするような記事を書こうとは私は考えていません。

オイシイ、夢みたいな記事は、他のサイトにお任せしておいて、

「経験している人じゃないと共感できないブログ記事」

を、これからもひっそりと続けていけたらと思います。

いつまで、続けるかはわかりませんが、これからもお時間がある時にご覧ください。

いつも、ご覧いただき、ありがとうございます!

【女性読者にお願い】

記載したように私は男性の気持ちはよくわかるので、その気になれば、男性が喜びそうなネタは書けます。

男性読者を増やそうと思うなら、もっと増やせると思います。

また、その気になれば、パパ活女性が喜びそうな

「大金ゲット!」

「太パパ、ゲット!」

みたいな創作話も書けます。

でも、このブログの趣旨は「パパ活女性を応援するブログ」です。

趣旨と違う事は書きたくないのです。

そう、カッコいい事を公言しておきながら、実はパパ活女性が、本音では、どう思っているのか、どう感じているのかというのは、正直、私は良くわかっていません。

なので、パパ活やってみて、経験した事、悩み、ムカついた事、なんとなく感じた事など、パパ活女性目線で、何かコメント頂けたら、とても有難いです。

女性読者を増やしたい(=パパ活やるからには安全にやってほしい)というのが、このブログの趣旨です。

上記リンク↑ 2年前の当初の記事から、私のスタンス変わっていないでしょ?

少しでも、ブログ趣旨に賛同して頂ける、心優しい女性の読者の方がいらしたら、実体験でも、感想でも、何でも気軽にコメント送ってくれると、大変うれしいです。

個人情報、プライバシーには十分配慮し、今後の参考にさせて頂きたいと思っています。

コメントは、「お問い合わせ」から、お願いいたします。

メールアドレス(必須)と書いてありますが、気にされる方は、デタラメなメールアドレスっぽいものを入れておくだけで大丈夫です。

シュガーダディ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copyrighted Image