初回で大人

初回で大人

「初回から大人の関係はできません。」

って、書いてあるプロフがありますね。

まあ、そりゃそうだと思います。

出来る人もいるんでしょうが、出来ない(したくない)人が大多数なんじゃないですかね?

そういうのを求めて、サイトに登録したわけじゃないし、そういう男性を求めていないというか。

むしろ、ちゃんとそう書いている女性の方が、男性からすると、とても有難いです。

初めて会って、こんにちはをするんですが、元々、私は今日からいきなりヤリタイと思って会っていません。

初回に会った時は、2回目、3回目と続けてあっていけそうな人なのかという考えを持って、会っています。

なので、初回の印象が良くなければ、私から断ったりというのも、発生してしまいます。

会ってみたら、

「一緒に時間を過ごしたいと思わない。面白くなかった。」

「やりとりの印象と、彼女のリアルが随分異なっていて、がっかりした。」

とか、そういうのが普通に起こりえます。

キモい中年のオッサンの私から見ても、パパ活女性に対して

「こいつは、無いな~。」

なんて、思う時があるんですよ。

「お前ごときに言われたくないわ。キモオヤジ、○ね!」

って、女性はそう思うかも知れませんが、私がココで言いたいのは、そういう事じゃないんです。

私ですら、そう思うという事は、パパ活女性から見たら、

「このオヤジは、1万%あり得ない!!」

「いくら金もらっても。ムリ。死んでもムリ!」

なんてことは、相当多いのではないかという想像です。

そう考えると、出会う前から、知らない男性と大人の関係を約束するのは、若い女性から見たら、もう相当にリスクの高い、もしくは勇気が必要な事ですよね。

信頼も、気を許していない、会ってもいない男性に、事前にHをするのを約束するのは。

そのリスクの高さを考えたら、風俗で働いた方が、マシかも知れません。

最初からOKですというのは、完全にお金の為だと割り切らないと、非常に難しい事だと想像します。

まあ当然ですね。

もはや、

「風俗(仕事)なんで。」

「パパ活に、金稼ぎ以上の意味なんて、100%ないんで。」

「そんなんいいから。週末までにお金要るから。誰でもいい。」

という割り切りが必要になってしまうと思います。

そういった割り切りができる人は、ある意味スゴイと思います。

賛成も批判もしません。

でも、それはパパ活という名前を付けた援助交際のような感じですね。

一般的なパパ活女性は、ここまで最初から踏み込める人は多くないはずです。

反対に、男性は、女性ほどの割り切り、勇気は全く必要ありません。

性的に興奮できれば、初回からでも、基本はできてしまいます。

だからこそ、風俗が成り立っています。

パパ活女性をターゲットにしている男性は理解すべきことがあると思います。

それは、

「自分だって、女性を選んでるんだから、女性にも当然男性を選ぶ権利がある(いくら、大人の関係を持つ事も女性が考えていたとしても、初回から大人の関係ができると約束できない)という現実」

です。

風俗ではないのですから。

男性も、相手がモンスターだったら、約束をしてても、逃げ出すでしょ?

女の子も、男性がモンスターかもしれないのに、合う前からリスクが高い約束をするのは、男性以上に勇気がいることなんじゃないですかね?

相手がゴブリンか、トロールかも知れないのに、先に約束するのはリスクが高すぎる。
シュガーダディ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copyrighted Image