雑踏

雑踏

パパのような事を始めてから、割と女性の外見を意識して見る事が増えた気がしています。

若い頃は、女友達に対して、そんな事は気にもしませんでしたし、

外見という意味では自分の好きな女性にしか関心が回らなかったです。

もしくは、職場の〇〇ちゃんはカワイイとか、そういう感じの、ホントに表面的な外見という意味です。

全くもって、浅はかでしたね。

パパ活女性と会うようになってからは、割と全体の雰囲気とか、バランスというか、どういった服装のスタイルがとか、その女性の好みは何なのかとか、を良く観察するようになりました。

後、昔はあまり気にしなかった、アクセサリ、持ち物、ネイルとか、そういったものにも興味と言うか、目が行くようになりました。

女の人って、少しでもキレイに見せる為に、細かいところまで、本当にいろいろ努力しているんだなと、知れば知るほど思います。

ちょっと、話がずれてしまったのですが、雑踏や待ち合わせの時間などが以前よりも、パパを始めてから好きになりました。

私は女性を意識して見るようになっています。

書いたように、単なる顔がカワイイとか美人とか、スタイルがいいとか、おっぱいが大きいとか、そういう表面的な意味ではありません。

「キレイにしてるな~。」

「頑張っているな~。」

「センスがいいな~。」

「雰囲気のバランス取れてるな~。」

とか、そういう視点で、雑踏で女性を眺めるのが最近楽しいです。

あと、ちょっと言いづらい部分があるんですけど、自分がパパとして付き合っている(付き合っていた)女の子の容姿が、レベルがどうなのかも、雑踏の中で大勢の女性と比較すると、よくわかるようになりました。

「女性の平均からすると、やっぱりAちゃんは、断然、美人だったんだな。」

とか改めて思ったりしてしまいます。

パパ活女性に対して、

「可愛ければ、美人であれば、誰でもOK!」

とかいう前提条件を持って、私は相手を決めているわけではないのですが、結果的には、それなりに外見的に優れている女性とお付き合いしているんだなと思います。

「金が欲しいから、お前に付き合ってるに決まっているだろ。」

その通りです。

彼女にメリットがなければ、私と付き合うわけがありません。

でも、その付き合いができるという機会を作れる事だけでも、謙虚に有難いなと思っています。

それがしたくとも、できない男性の方が世の中の多数なのですから。

 

今後も、不審者と思われない程度に、雑踏では女性を眺めたいと思っています。

シュガーダディ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copyrighted Image