出会い系サイトの質 (3)

サイトの質(3)

シュガーダディでも、年収と言っても、課税証明書を出すだけであって、資産情報なんか、超適当です。

銀行の残高証明も、固定資産評価証明書も要らないし、シュガーダディの資産の項目なんて、全く信用できないです。

ほぼ信頼できる情報はダイヤモンド会員の年収の部分だけです。

話がそれましたが、ある程度、サイト登録者の質を求めるのならば、登録時点でフィルターをしなければ質を担保することはできません。

そう考えると

Hな女の子がたくさん登録しています!」

は、どういった基準で、どういったフィルターがあるんですかね?

当然ながら、そんなものはありません。

じゃあ、「Hな女の子がたくさん登録している」という根拠はあるのでしょうか?

根拠として強弁するなら、「全体的な女性の登録者数が多いので、比率的に考えると、Hな女の子も絶対数としてはいっぱいいる事になるのであろう。」

という事になると思います。

ただし当然それは、比例してメンヘラやモンスターも多いって事を意味しています。

つまり、出会い系サイトの質なんてものは、登録時点でフィルターをかけるか、登録者数の絶対数が多いから、そういった人もいるというレベルの話でしか語れないという事です。

最近、新興のパパ活サイトが生まれてきているようですが、一定のフィルターか、登録者数が増えない限り、出会いと言う意味では、男女ともに登録する魅力に乏しいかもしれません。

登録者が少ないサイトが良いかと言うと、それは全く違います。

登録者のフィルターをかけ厳しくしたら、人が集まりません。

しかしフリーにしておくと、どんどんコンセプトと異なる登録者が増え続けます。

もしくは閑古鳥がなき、サクラや業者に頼らざるを得なくなります。

登録者が少ないサイトで、宝物が見つかる可能性は、ほぼ無く、時間のムダに終わる事でしょう。

出会い系サイトの運営って、いろいろなバランス感覚が必要で、きっと難しいんでしょうね!

シュガーダディ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copyrighted Image