スレたパパ

スレたパパ

私も過去から、遊んできたのですが、まあそろそろ良いかなとも思い始めています。

色々な女性に会ってみて、昔から振り返ってみると、自分の価値観が変わってきているなとも感じています。

自分のパパ活女性に対する希望の変遷を簡単に書いてみると、こんな感じだと思います。

レベルの数字に意味はありません。

経験値が溜まっていっているという表現であり、レベルが上がっているから、優れている、強くなっている訳ではありません。

 

レベル1:自分の世界とは異なる女の子と話せるだけで、まず新鮮。とにかく仲良くなりたい。
レベル10:できるだけ、容姿やスタイルの優れた女性と付き合いたい。
レベル30:容姿は普通以上であれば良い。それよりも一緒にいる時間が楽である、楽しい、性格が良い、別れる時に(お互いに)嫌な思いを深くは持ちそうもない。

 

というように経験が増すにすれ、自分の好みが変わっていっている気がします。

 

ただし、これは男性全般には言えなくて、たぶん私の個人的な趣向なんだと思います。

男性によっては、

「美人でスタイルが良くなければ、付き合う意味はない。」

っていう人もいるでしょうし、

Hをする事が目的で、それ以外は重視しない。」

という人もいるはずです。

パパ活女性からすると、相手の男性がどんな価値観を持っているかを判別するのは、難しいとは思いますが、メッセージなり会話なりで、判断するしかないんでしょうね。

 

私はスペック的には、振られまくり、断られまくりのスタイルですけど、自分がいいなと思う女の子に

「仲良くしてください。」

「お願いします。」

「お会いできて良かったです。」

って、言ってもらえることも、いっぱいあるんですよね。

たくさん、楽しい思いもできていますし。

ただ最近は、この女の子は難しそうだ。飽きそうだ。おもしろくなさそうだ。って言うのが、なんとなく先にわかるようになってしまったというか。

「続けた後の結末が見える。」

とでも言うんでしょうかね。

 

私自身がスレてしまったって事なんでしょうね!

最終回の記事もアップロード済みで、このブログも、最終回に向かって、もう少しです!

シュガーダディ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copyrighted Image