お手当の新しいカタチ

お手当の新しいカタチ

「Paypay」って、新しく出始めましたね。

「100億円あげちゃうキャンペーン」「20%キャッシュバック」とか、「40回に一度、全額キャッシュバック」とか、ソフトバンクが一気に普及させようと、頑張っているようです。

Paypayの機能として、単に支払いができるだけでなく、個人間の送金もできるっていうのがあります。

これからの日常生活では、Paypayに限らず、こういったキャッシュレス、スマホを使った個人送金というのは、もっと普通に使われるようになっていくことでしょう。

ということで、オジサンは早速、活用してみました!

私「Paypayって、知ってる?」

定期のMちゃん「あ、知ってますよ。500円もらえるから、先週アプリいれましたよ。」

私「おっ。じゃあ、今日のお手当、Paypayでやってもいい?」

定期のMちゃん「そんな事できるんですか?」

私「たぶん。私も初めてやるんだけど。」

QRコードを見せて、金額入れて・・・・。

ピロン♬

送金完了。簡単!

定期のMちゃん「あはは。届いた。」

私「うまくいったね。」

定期のMちゃん「あ、でも、こんなに、たくさん使いきれないかも。。。(笑)」

私「まあ・・・。今後、加盟店増えるんじゃない?」

お手当をPaypayで払ってみて思った事。

メリット
  • 簡単。お金を数えなくても良い。お手当32,456円とかもできちゃう。
  • わざわざ銀行にお金を下ろしに行く必要がない。
  • 現金やポチ袋などを渡す必要がなく、カフェとかでも人目を気にしないですむ(スマホの見せあいっこは自然)
  • (相手の電話番号が分かれば)遠隔でも送金できる。手数料と手間のかかる銀行振り込みなんかは廃れると思われる。
デメリット
  • ポチ袋、メッセージ、プレゼントなどといった、アナログな疎通が減る。
  • 現金を見ないので、お金のありがたみが、実感できない。
  • まだ、加盟店などが少なく(使い道の少なさ)女の子はあまり喜ばない。

って、いう感じですかね。

ただ、女の子から見ると、

  • 確実にその場で金額を確認できる(後から少なかったとか、もらい忘れが減る)
  • 遠方であろうが、いつでも、どこでももらえる。

って、わけですから、まあ安心と言えば、安心ですね。

遠方からの個人送金を活用して、ネット上だけ(ライン交換だけとか)のパパ活とか、生まれそうですね。同時に詐欺も流行りそうです。

未来の事を想像すると、とても面白いのですが、お手当はPaypayなり、キャッシュレスでっていうのが、きっと普通になっていくんでしょうね。

とは言うものの、私は保守的な部分も持ち合わせている人間です。

お付き合いはやっぱり人と人なんですから、ポチ袋やプレゼントなど、ちょっとした工夫を凝らして、女の子に少しでも喜んでもらうというスタイルは、これからも大切にしていきたいと思っています。

シュガーダディ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copyrighted Image