草の根勧誘

●草の根勧誘

私は、さほど多くは行かないのですが、たまにフラッとキャバクラに行ったり、ガールズバーに寄ったりします。

知り合いの店では、もちろん自分がパパやってるなんて言わないんですけど、一見で言った店とかで、暇つぶしに

「パパ活興味ある~?」

なんて、質問したりしています。

キャバ嬢は利に聡いので、割と食いついてくる子が多いですね。まあ、こっちは客なんで、客の振ってきた話題に食いつかないと仕事にはなりませんが。

「ご飯だけだったら、やっても良いかな~。」

「え~、それって援助交際じゃないですか!」

このブログで書いている相場感などを話してみると、いろいろな反応が戻ってきます。

現実的には、売れているキャバ嬢からすると、夜に食事して1万円なんてものは効率が悪くやってられません。せいぜい、ランチやお茶で、1万円はもらえないと、得だとは思わないでしょう。

同伴やアフターなりで、オイシイ食事にも時々ありつけているわけで、ご飯を食べてお手当をもらうというものは、そんなに彼女達にとって魅力的ではないんだと思います。

ただし、深夜まで不特定の来客に対して、愛想を振りまきながら、お酒の相手をするっていうのも得意ではない、好きではないって考えているキャバ嬢もいたりします。

大抵、そういう子はキャバでは、さほど稼げず、心の中では少し思う事があるようです。特に昼職をやっている子で、そういう子を何人か見かけました。

「やっぱり、夜の仕事って、大変です・・・。パパ活も良いかもしれませんね。。。」

「ある程度の収入が確実に得られるのなら、そっちの方がいいかも。」

なんて、反応をもらう事も。

当然、キャバクラなどで、体の関係を持ち出すのは、ご法度であり、女の子も決して、大人の関係については深く触れてきませんが、なんとなく表情で何考えているか、わかったりします。

「試しにやってみたら~? ひょっとして、良い人に会えるかも知れないよ。もちろん、今話したように、そんなにオイシクも甘くもないけどね!」

さて、何人の女の子がパパ活をスタートさせたのでしょう。

後から、ラインで、細かく質問してくる女の子もいます。

結果は知る由はありませんが、これからも暇つぶしに、パパ活の草の根勧誘はやっていこうと思っています。

シュガーダディ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copyrighted Image