Winner takes all

●Winner takes all

 

世の中は不平等です。

頑張れば頑張るほど、努力すれば努力するほど、現実社会の不平等さ、不公平さなどを体感する事になります。

 

若い女性(男性もですが)は、高校時代までの不自由がない生活、ほぼ平等な社会、コミュニティの中で生活してきています。

その後、大学なり社会人になってから、今まで生きてきた価値観とのギャップに愕然とすることになります。

大人になるという事は、もしくは社会で生きていくという事は、こんなに大変なのか、責任というのは、こういう事なのか、などなど現実の厳しさを思い知らされる事になります。

 

そして、一方で明るく楽しくきらびやかな生活を楽しんでいる同年代の女の子。

真似をしたい訳ではないけど、今よりちょっとだけ経済的な余裕があったらな。

でも現実的には難しい。。。 

世の中はなんて不平等なんだろう!

 

こんな漠然とした思いを持っている若い女性は少なくないと思います。

しかし、どうか安心してほしいです。

そのような思いを思っているのは、若い女性だけでなく、若い男性も、そう思っています。

そして中年男性であれば、その思いを秘めて、受け入れて何十年と生きてきているのです!

 

私は世の中の平均に比べると、年収だけで言うと、少しは恵まれている方だと思っています。

ただ恵まれているレベルにいたとしても、世の中はなんて不平等なんだろうと、私は良く思います。

 

別の機会に紹介したいと思いますが、金銭的に不自由がなく、容姿、環境、全ての面でとても優れている知り合いがいます。

他にも相当な金持ちの知り合いもいます。

彼らは私と同じくパパ活をやっている男性です。

彼らと私を比較したら、それはもう圧倒的な差です。

もし私がパパ活女性だったら、私よりも彼らとの交際を望むはずです。

それぐらい彼らは魅力的で条件が良いです。

彼らには、たくさん交際希望のパパ活女性からのアプローチが来ます。彼らは本当に女性には困らないですし、それは当然だと思います。

 

どういう事かというと、

-パパ活女性は、できるだけ良い条件のパパと交際したい(当たり前)

-パパ活という面からは条件が良ければ、そのパパを独占しようとも思わない。(これは人による)

-逆に言うと、条件が良くなければ、会う必要も、話す必要すらない。電車で隣に座っているオッサンと同じ。もしくは石と同じ。(当たり前)

という事になります。

なので、魅力的で条件が良い男性は女性に困らないんですね。

具体的に言うと、特定の条件の良い男性に人気が集中し、残りの男性は、そのオコボレすらあり着けないという現実です。

 

まさに、Winner takes all (勝者が全部取る。独り勝ち)の構図です。

猿山のボスザルと同じですね。

ハーレムを作り、ヤリタイ放題。

メスはメスで強いボスザルの近くにいた方が安全に生活できる。

人間って知性を持っても、本能的には進化しないんですかね?(知性を持っているから、こうなるとも言えます。)

 

とりあえず言える事は、パパ活で成功する人は、男女ともに甘い果実を食べる事ができるが、多くの人はLoserで終わるって事です。

Winner takes all. なんて不平等な世の中なんでしょう!

シュガーダディ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copyrighted Image