援助交際と「パパ活」の違い

私の持論では、パパである以上、定期的なお付き合いが前提になり、一回だけの援助交際(割り切り)とは違う価値が女性側にも必要なのではと思っています。

必然的に拘束時間が長い(食事+H)とか、普段もSNSで簡単に会話するとか、単発の援交とは違う負荷はかかると考えた方が良いです。

食事パパも、同様だと思います。

パパ活で、収入(お金稼ぎ)を追求するなら、下記の方法が考えられます。

  1. 単発覚悟で、数を増やす
  2. パパを複数持って並行して回す
  3. 一人のパパの単価を上げる(太パパを見つける)

どれも、精神的にも体力的にもなかなか大変かも知れません。

出会い系で、単発の回数を増やすのは、比例してリスクが増えます。

パパを並行して進めると、結果的にある男性と疎遠になったり、長続きできないかも知れません。

並行してパパを持つことを望まないパパもいるでしょう。

このバランスを保つのは、なかなか難しそうです。

パパと援助交際(割り切り)の違いは、定期的な関係の構築(信頼関係が有る無し)だと考えています。

「割り切り」より、パパの方が女性にとって、はるかに良いと私が断言します。

ある程度の信頼関係がお互いにある事で、安心、安全、安定といったものを、女性も男性も得られる事になるからです。

そして拘束力の強い「愛人」と違い、パパに費やす時間(精神的なもの含む)などは、自分の意思である程度コントロールできる事です。

交際クラブでの関係に近いですが、良い意味でも悪い意味でも、より女性の自由度が高いのが出会い系のパパ活でしょう。

最初の定義で書いたように、援助交際(割り切り)と愛人の中間に位置するものがパパだと思っています。

出会い系での援助交際は、手軽であると想像します。

たぶん、いくらでも会えるでしょう。

でも、なんといっても、やたらと男性と会うのは、リスクが高すぎるのです。

ちなみに、出会い系をやっている私にも、割り切り目的のアプローチは来ますが、私は試したことはありません。

1回だけの出会いであるならば風俗行った方が、まだリスクが低いと思うからです。

興味がないので、風俗も行かないですけどね。

出会い系に慣れていけば、「割り切り」を繰り返していけるかも知れないが、比例してリスクは高くなる。安全を優先するならば、特定の男性を見つけられるように、努力もするべき。
シュガーダディ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copyrighted Image