気まぐれちゃんは大変。

気まぐれちゃん

今までの経験で、どうもやりづらいなと感じるのが、気まぐれちゃんです。

私は、予定が空いているならば、いろいろ自分のやりたい事をやりたいタイプなのです。

予定が空くならば、仕事をするか、遊ぶか、自分の為に時間を使うかなどを考えてしまうのです。

そんな中で調整しながら、誰かとお会いしてみようという形になるので、自分のスケジュールが決まらないのは、割とストレスを感じたりします。

きまぐれちゃんは、連絡が急に途絶えてしまいます。

「あれっ?どうしたんだろう?」

としばらく待ってみますが、返事がきません。

でも、私から督促した事はありません。

個人的にノーレスは相手からのお断りという考えでいるからです。

仕方がないから次にいこうと決めて、次の人と話を始めると、突然「連絡できずにスミマセン!」とやってきます。

サイト内では、単なるサクラの可能性もありますが、実際にあってからも、そうなので、気まぐれちゃんは、気まぐれちゃんです。

仲良くなってからも、LINEがプッツリと途絶えて、突然数か月後に連絡があったりします。

「お腹が空いたらやってくる猫みたいだね!」と笑い話になった時もありました。(「猫は猫でも、ノラ猫だな!」とは言えず。。。)

この一見、気まぐれに見える彼女の行動は、彼女の中の「パパに対する優先順位の低さ」です。

本当に他の事が忙しくて、そんなつもりではないのかも知れません。

彼女にとって、私は2軍か3軍扱いのパパで、

「やべ~。金ないわ~。仕方ないから、あいつに連絡でもするか~。」

という事なんだとは思います。

どんな理由であっても、彼女にとっての相手に対する、私の優先順位(価値)は、その程度という事なのでしょう。

しかし、その優先順位は、彼女にとっては正しく、私が批判できるものではありません。

パパは絶えず黒子の存在であるべきだからです。

気まぐれであるのも、ある意味、可愛げがあって好きだという男性もいるかも知れません。

それぐらいを許してあげるのが、パパとしての包容力なのかもしれません。

でも、私はどうも好きになれません。

過去の経験を元に、気まぐれちゃんの感じがしたら、早い段階で撤収を決めています。

自分の時間がもったいないです。

パパは黒子であり、女性の日常には、影響を及ぼさない方が良い。
しかし逆も正しく、女性がパパの日常に影響を及ぼすのも好ましくない。
シュガーダディ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copyrighted Image