普通のパパ活

普通のパパ活

前回の記事で、普通、普通、と書きすぎたので、そのつぶやきです。

いろいろなサイトを読んでみると、

  • 「こんな事があった!」
  • 「こんなに簡単だった!」
  • 「こんな修羅場があった!」

とか、多くの事がかいてあります。

しかし、読み物としては面白いのですが、それは現実にはめったに起こらない出来事です。

偏差値で言うと、75とか25とかのお話です。

比率で言うと、上位/下位の0.6です。

ほとんどの人は、自分を表現するときに

「私は、普通のxxです。」

とか表現しますよね?

そうなんです。

みんな、大体普通なんです。

私も同じです。

偏差値で言うと35-65の間にいます。

自分自身が普通なので、起こる出来事も普通なのです。

普通の出来事は、普通の人に、普通に、毎日起こっています。

特に他人が興味を持つ出来事ではないので、ブログで書いてもおもしろくないですし、注目もされません。

でも、それが圧倒的に、普段日常で起こっている大多数なのです。

いつも、すごい出来事が起こったら、疲れちゃうでしょ?

偏差値で、「80」というのは、数字としては存在します。

しかし、「偏差値80」というのは、他のデータの分布を破壊するほどの特異なものであり、資料やデータ作成する時には、異質なものとして、あえて使わない事があります。

データとして見なされないほど、極端な例外を簡単に信じてはいけません。

普通の私達が、もっと注目すべきは、大多数に起こりうる普通の事なのです。

でも、その普通の情報は、サイトには量として多く記載されているわけではありません。

なぜなら「普通の出来事」なので書いても、他人の興味をひかないからです。

面白くないからです。

偏差値7525のような

「すごい良い話」

「すごい悪い話」

は、出会い系をやっていても、確率論からだけで言うと、簡単に起こりません。

私もまだ「すごい事」は経験できていないので、出会い系をやって、起こる出来事は大抵「普通」というのが現実なんでしょう。

つまりある意味、しっかりと注意をしておけば、特別な危険な事はめったに起こらず、無用に心配する事ないとも言えます。

逆に言うと、特別にオイシイ話にも、通常は、めぐりあえないとも言えます。

ブログやサイトに載っているのは、普通ではない話が多い。大多数の普通の出来事に注目しよう。
シュガーダディ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copyrighted Image